中国株の種類(香港株、深センB株、上海B株)

中国株に次の3種類の株式市場があります。
我々日本人が取引できるのは深セン、上海のB株と香港の株になります。

日本株を購入する場合、ほとんどの証券会社が日本のいろいろな市場の株を取り扱っています。つまり、ひとつの証券会社と取引すれば、東証、大証、マザース、JASDAQなど取扱ができますが、中国株の場合、取り扱う証券会社が限られているので、まずはどこの市場の株を買うか決めてから証券会社を選らぶ必要があります。

例えば、深セン株、上海株(あわせて本土株といいいますが)を取り扱っている証券会社は現在4つしかありません。

香港市場に上場している中国株と取り扱う証券会社はたくさんあります。

香港株式市場に上場している中国企業はしかかりして安心して購入する事ができます。その分、株価は比較的高くなっております。(日本株とPERを比べると安いですが)

深セン、上海の本土株(ここではB株ですが)は上場している数が少ない上に、配当が無い会社も多く、優良な会社が少ないです。
その上、証券会社の手数料や為替の手数料も香港株と比べると割高になっています。
しかし、その分、本土株の株価は出遅れ、優良な会社も割安になっています。

みなさんとしては香港株であろうと本土株であろうと儲かればいいわけで、よく企業情報を調べ、もうかりそうな会社(割安な株)に投資する事をお薦めします。

証券会社は本土株は内藤証券、香港株は松井証券あたりがいいかと思いますが、資料請求は無料ですので、各証券会社を良く調べた上、自分が一番いいと思う証券会社を選ばれるといいかと思います。





◆深セン証券取引所
 A株 国内投資家向け 運用は人民元
 B株 海外投資家向け 運用は香港ドル

◆上海証券取引所
 A株 国内投資家向け 運用は人民元
 B株 海外投資家向け 運用は米ドル

◆香港証券取引所
 H株
 レッドチップ
 その他の香港株
posted by 中国株 at 16:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | 中国株について
この記事へのコメント
"旧元帥、少ない夫人難産月......"フィリップ・コックスは恥ずかしい少しは言っ慕容風水を、嘘見た。 [url=http://www.bag-wickeds.com/]ferragamo 広島[/url] ferragamo 広島
Posted by ferragamo 広島 at 2013年08月07日 14:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。